本文へスキップ




水・食と農・地域

ようこそ、AMネットのホームページへ。
社会のしくみを考えてみよう!

AMネットは、行き過ぎた経済のグローバル化、自由化によって引き起こされている環境破壊や格差、貧困、そしてそれらを生み出してきた非民主的なルールの決め方など、様々な問題について情報発信を続けています。特に、「水」、「食と農」、「地域」の3つの分野を中心に、持続可能な社会を目指して調査・研究や政策提言を行っています。
また、近年は社会全体に大きな影響及ぼすTPP(環太平洋経済連携協定)に対して情報収集、情報発信を行うとともに、政府に情報公開や市民との意見交換会の実施を求める活動を推進しています。

information

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
NEW

政府にTPPの情報公開と市民説明会の開催を求める
 オンライン署名の呼びかけ/
 詳しくは⇒ 

AMネット情報誌「LIM」に掲載したこれまでのTPP関連の動き
 詳しくは⇒


TPP及び同交渉に関連する最新情報(外部リンク)はこちら↓

■TPP関連のニュース一覧 (Yahoo!ニュース)
■市民と政府のTPP意見交換会・全国実行委員会 
■TPP政府対策本部(内閣官房)

.

   AMネット主催 イベント・学習会のお知らせ

   関連イベント


  • 6月17日に開催された政府による業界団体等へのTPP説明会の様子/一部を下記サイトで映像にてご覧になれます↓
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/85555
  • AMネットの考えるTPPの問題点

    現在進められているTPP(環太平洋経済連携協定)は、これまでのグローバル化、自由化の問題をより深刻にする可能性の強いものであるにもかかわらず、その内容、交渉過程について情報公開が極めて不十分なまま進められています。
    AMネットでは、特に以下の4つの点についてTPPは大きな問題があると考えています。

行き過ぎた経済の自由化が、最貧国の最貧層に飢餓、欠乏、恐怖などの問題をもたらしてきただけではなく、富裕国においても社会を分断する深刻な格差の問題を引き起こしてきている。より一層、極端な経済の自由化を推し進めるTPPは、こういった地球上を覆う格差の問題をより深刻化させる。

経済成長を最重視する政策が、地球温暖化をはじめとする環境問題を取り返しのつかないところまで推し進めてきている。さらに経済成長を加速させようとするTPPは、地球環境問題をより深刻化させる。

TPP交渉は原則非公開の密室で行われており、交渉過程が非常に非民主的であり、社会のあらゆる分野に影響が及ぶとされているにも関わらず、政府は説明責任を十分に果たしていない。


TPPの影響が及ぶ範囲に対するアセスメントが行われておらず、TPPの適否に関する判断基準が存在しない。