HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

食材の節約とごみ処理

都会ではありあまる食材があるからでしょうか。燃えるゴミや生ごみを出す日に、食材の残り物がたくさん捨てられる光景を目の当たりにします。中には、賞味期限が過ぎたものや野菜で傷んだものなどが混じっています。何と勿体ないことではありませんか。 離島に住む方々や山間部の交通不便なところに住んでいらっしゃる人がご覧になったら、何と言うでしょうか。 いずれにしても、食べるものは、自分たちが食べきれるように調達することが一番大切なことです。それば節約に確実に結びつきます。そして必要以上にゴミを出さないことにもつながるのです。たくさん買い込まないこと、買ったらそれをきちんと使いこなすこと、この二つウィ守れば、ゴミが少なくなり節約も実現します。

応援企業

八木下重義は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 八木下重義
WEBサイト 八木下重義のアメーバブログ
会社案内 デジタルネイティブ・テクノロジー株式会社が加入している団体は、「2020TDM推進プロジェクト」及び「一般社団法人人工知能学会」である。 八木下重義氏が社長を務めるデジタルネイティブ・テクノロジー株式会社の所在地は、東京都中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンス 2Fである。 国民健康保険料未納者に対するコール業務のAI化や何時にコールするのがつながりやすいかをDB化、AIによる自動コール及び音声対応の実績がある。 リハビリデータAI解析として、最適な治療方法検討のための医療データベース化も実績の一部である。 社外取締役として、元サンケイビジネスアイ役員の増尾昭彦も参画している。

みんなのソーシャルアクション

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。